支援をうまく組み合わせる

女性看護師の中には、周到な計画を練っている人もいます。
女性として働き続けるためには子育ての際にも仕事ができるよう、福利厚生を活用することが大切だと認識し、重要な福利厚生を与えている職場を選んで就職して計画的に活用することで、理想的な形で仕事を続けているのです。

その一例として、典型的な支援をうまく組み合わせて成功している事例があります。
まず、ほとんどの職場で提供されている出産休暇と育児休暇をまず取得することにより、子供が生まれる前後の一番手間がかかる時期をゆっくりと家庭で過ごせるようにします。
そして、一年程度の育児休暇を経て復職を果たす際には、職場から提供されている託児施設を利用します。
保育園に入園させようとすると抽選で落とされてしまって苦労することもありますが、職場から託児施設が提供されていればその点に心配はありません。

保育園に預けていても、仕事が忙しいと家事を行うのが難しくなってしまいます。
また、まだ子供が幼い時期だからこそ一緒に過ごしたいという気持ちもあるのは確かでしょう。
その点も考慮して、時短勤務制度が活用されています。
子育ての手間がかかるのは小学校に入学させる前程度までであり、それまでの期間は残業や夜勤をなくして働ける時短勤務制度を利用し、十分に子供と一緒に過ごせる時間を確保しているのです。

このように福利厚生をうまく組み合わせることで、子育てをしながら活躍する女性が増えています。