自身がひび割れコネクション男子とバイバイできるようになった屁理屈と減量とビューティーパーソンについて

毎年、冬になると
スキンが乾燥してひび割れたり、
唇が切れてしまったり、
なにかとスキンの人騒がせが多くなります。

チャンス上仕方のないことではありますが、
世間の女の子の視線は厳しいのが現実です。

スキンがとても荒れているメンズと
スキンがしっとり整ったメンズのどちらが
魅力的に覚えるかを女性に尋ねたら、
多くの女性は次を選ぶことでしょう。

それはわかってるけど
なにをしたらいいかわからない…

こんなメンズのために
毎年、冬には脚がひび割れて
唇も切れていた男児だった
私自身がどうして肌荒れから
決別できたのか、
話してみたいと思います。

まず初めに、
こちらはひび割れて痕が止まる脚を
どうにかしようと、
胴体クリームを塗りたくってみました。
ですが通常するのは
なかなか不便で続かず、
また、1度痕になったひびを
元に戻すことは難しく、
面倒な割合すぐに変化がないので飽きてしまう。

次に、
上手くいかない脚を諦め、
唇を治すことに臨みました。

ですが
当時の私の認識からすると
『リップクリームは婦人の持ち物。』

両親にお願いして
いくつもリップクリームを
買ってきてもらいましたが
当然、男児のこちらが
社会で使えるわけもなく、
これもうまくいきませんでした…

なんだかんだで
なにかとうまくいかず
諦めかけていた矢先。

オネエチックと呼ばれる人たちが大ブレイクし、
男児もこういうことができるんだ!

素直にそう感じました。

それからは、
スキンケアは誰だって講じる。
恥ずかしい仕方じゃない。
そう思うようになり、
社会もリップクリームを通じては
『リップを食べてる』などと照れ隠しをしながら
おどけているようで真剣に使うようにしました。笑

そうすると
唇は次第に発展され、
いまではもうひび割れる前に
察知してリップクリームを塗れるようになりました。

そして、テーマの脚は
胴体クリームを附ける前に
なにかしらバカる。
これをひたすら増やすうちに、
自然とスキンケアが楽しくなり、
肌荒れて改善されるようになりました。

ルールから、
確かに、男性が女の子のしているように
スキンケアをすることは対抗があります。

ですが、
そこは照れをバカで笑いとして、
それとなく果たす。

そんなことができると
日々のスキンケアも不便では無くなり、
恥ずかしさも軽減でき、
スキンは整い、清潔感が増やし、
何よりも陳述のギャグになる。

そう考えてみると
良いのではないでしょうか!こちらへ